賃貸契約の際は|土地活用して空き地を駐車場に生まれ変わらせよう

土地活用して空き地を駐車場に生まれ変わらせよう

男の人と女の人

賃貸契約の際は

男性

賃貸住宅に入居する場合、通常は連帯保証人を付ける必要がある。契約書に、連帯保証人のサインを付けて提出しなければならない。これらの連帯保証人については、通常は身内などごく身近な人になってもらうことが多い。しかし、身近な人がいない場合や、身内でも収入が無い人の場合には、連帯保証人として認められないこともある。これらの連帯保証人代わりとなってもらえるものが、家賃債務保証である。家賃債務保証は業者が連帯保証人の代わりになり、賃貸契約時に業者と契約しておくことで賃貸入居が可能になるものである。家賃債務保証では、連帯保証人を探す必要がなくなるため、これらに困っている場合には活用することで賃貸入居が可能になる。

賃貸入居する場合に家賃債務保証を活用することで、入居者にとっては連帯保証人を探さなくて済む。また、貸す側にとっても業者から家賃滞納時にお金を徴収できるためメリットがある。その為、最近では家賃債務保証に加入することを条件として賃貸住宅を貸す大家さんも増えている。これらでは、予め決まった額を支払うことや、更新に合わせて一定額を業者に支払うことで連帯保証人代わりになってもらうことができる。お金を支払うことで、業者が代わりになってくれるため、ストレスなく賃貸契約を行えるということがある。家賃債務保証では、家賃額に応じて費用を払う仕組みとなっているケースが多い。その為、家賃が高くなるほど、これらの費用も高くなる傾向がある。また、家賃債務保証を行ってくれる会社はオーナーでも利用することができるのだ。たとえば、入居者のなかに家賃滞納者が出た場合、保証会社がオーナーに対して家賃を保証してくれる。オーナーはこれによって収入が安定化されるのだ。